So-net無料ブログ作成

終わった!神奈川県音楽祭 [合唱]

音楽祭県.jpg
神奈川県音楽祭プログラム



こんにちは。



23日神奈川県音楽祭最終日、Aブロック。
冒頭MCから説明があった。
参加団体174団体。参加者4000人あまり
だそうだ。



会場は改修なった県立音楽堂である。
6月8日、6月9日、6月22日、6月23日
4日間にわたり繰り広げられた超特大の音
楽祭だった。




制限時間7分内。2曲または短い曲3曲が
が限界だ。それでも流れるように運営しな
いと時間が押してきてしまう。
ボランテアの人もさぞ大変だろうなと思う。



さて県立音楽堂は大々的な改修工事が終
えたばかり。60年以上経過している施設
だから。
公共施設としては日本最古だというから驚
きだ。



今回は音響も改善されたという。木材を多
用している設計で音の良さがストレートに
伝わるので、以前から評価の高いホール
だ。



さてさてどんな改善がなされたか。出演者
は指定された席で出番を待つ。これは以
前と変わらない。



演奏が開始されて気が付いた。しっかり歌
わないと声がまるで届かないことに。
しかも客席の前席後方で聞いているのに。



少人数の合唱だとしっかり歌えないと厳し
いかもしれない。
音楽堂は1100席規模の大ホールだから。



楽屋裏などインフラの狭さは変えようがな
い。階移動も合唱団の参加が多いと大変
だ。改修前と変わらない。
ホワイエは広いのだが。
建て直しでないから仕方ないよね。



音楽祭の開催時は大量のボランテアの助
けを借りて分刻みで運営するしかない。



会場は音響が良いから音が拡散しやすい。
これはみなとみらい大ホールも同じ。歌い
方を変えなければならない。



音を会場の隅々に明瞭に届けるためには
日本詞の歌はとくに気を付けなければなら
ない場合がある。



子音が消えてしまう。例えば「遠く遠く」と歌
うとしよう。普通に歌うと「オークオーク」に
なってしまう。



「遠く遠く」に聞こえないのだ。
「とぉくとぉく」と歌わなければならない。いわ
ゆる子音と母音の区切りをはっきりさせる歌
い方が理想だ。



大団体ならまだしも小団体はポップスの歌
い方がいいかもしれない。
ポップスは歌詞を強調するから。



例えば中島みゆきの糸を例にとる。
「なぜ めぐりあうのかを わたしたちは 
いつも しーらない」という歌詞がある。普
通に歌ってみよう。文字で伝わっても、歌
になると感動が伝わらない。



「なぁぜ めぇぐりあう のぅかを わぁた
したぁちは・・・」と歌う歌手がいる。
少し極端だがこの方が伝わりやすいの
だ。



普通会話では違和感があるが歌はそう
ではない。
音が拡散したら、言葉は不明瞭になる。



「とうく」が「・おく」に
「わたしたち」は「・あたしたち」
「しらない」は」「・いらない」となりやすい。
子音と母音を分けて歌う感じが必要かと。



さてプログラムはすすみ、2曲通しのリ
ハをすませ、そのまま舞台裏に進み出
番となった。洋混は12番目、今回は24名
での歌唱だ。



危惧したのは言葉が明確に歌えるかど
うかだった。
まだ完全に覚えていないし丸暗記みた
いなもので危なっかしい。



スラスラと出てこない。考えていたら遅
れる。そうしたら”クチパク”しかなくな
る。



私自身でいえば何か所かあった。その
ときは覚えている人に乗る。だがこの
場合、後追いで歌うから明確な発声が
できない。



ムニャムニャと歌い響きだけ合わせる。
音のほうが意外に早く覚えているもの。



講評をくれる先生方は客席後方だ。経
歴はいつもと違うお三方だった。
声楽家2、作曲家1名。
さてどんな講評がいただけるかな。



男声の声が届いていたという講評が。
本当はどのパートもバランスよく届く
のが必要で手放しでは喜べない。



演奏曲:


★遠く遠く(槙原敬之曲)
★群青(小田美樹曲)



1曲目の歌いだし声が硬かったこと。
ポップスのリズムに不慣れと指摘され
た。



クラシックと違うビートだから慣れるま
で難しいと思う。自分としては半音移
行が十分でなかったと思う。やはり音
を作ってから暗譜すべきかな。でもあ
れもこれもは無理だったと思う。



2曲目はリラックスというより相性が抜
群で、普通5分もの長い曲を歌いきっ
たのだから自慢したい気持ちだ。



だって4,5回の練習で暗譜したのだ
から。
もう少し仕上げればどこでも歌える。



以前は男声が良かったといわれれば
単純にヤッタ!と喜んだものだが。
実のところ他のパートはライバルでは
ない。聴きあってハーモニーを作るべ
きだと思う。
何回も歌えば自然にできる。



ただ今回は仕方ないと思っている。カ
ゼその他でベストメンバーでなかった
こともあったし、準備期間が短かった
こと、これらは克服できる。



男声を褒めていただいたことは素直に
喜びたいと思うし、2曲目は盛り上がる
箇所はバランス良く歌えていたと思う。



13時半近くにAブロックが終演した。館
外にでて講評を聴く。かならずそうする。
少し複雑な気持ちで講評を聴いてから
打ち上げに向かった。



今回は不安感があっただけに終わった
感が強くてホット息を継ぐ。
打ち上げも少しほろ苦いビールの味だ
ったかも。
でもこれもステップアップのために通ら
ねばならない道。次は頑張る。



にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ
















































































nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。