So-net無料ブログ作成

舌のストレッチ(ソロレッスン) [音楽]

245px-Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875.jpg

こんにちは。



今月のソロレッスン日が近づいてきた。
4月22日。15時より。
課題曲は今年も2曲。


★カンツオーネ「I' te vurria vasa」
                  (あなたに口づけを)

★ドイツ歌曲「シューベルトのセレナー
デ」



実はセレナーデは3年前にソロコンサーで
歌い、昨年4月の上田のミニコンサートで
暗譜で歌った、3回目となる。



当時の同時期の投稿記事を見直してみた。

https://gaku-nao.blog.so-net.ne.jp/2016-04-19
(「残念な歌い方」)



悩みの内容が違っている。もちろん課題の
あるのは同じ。ただあの時は焦りしかなか
ったように思える。今はもっと良く歌いた
いという前向きの悩みだ。



それと忘れてはならない災害のことだ。
2016年には熊本大地震が起きた。
死者273人住宅被害は19万8000棟
といわれる。



今も1万数千人の人が避難生活を送ってい
る現実を決して忘れてはならないと思う。
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ことのない
ようにしたいものだ。



当時はドイツ語の発音で苦しんでいた。ブ
ログには発声もままならない当時の状況が
記載されている。



今年から自分はバリトンであることを自覚
して移調もしている。発声に負担はない筈
だ。



発音も油断しない限り大丈夫と思う。ただ
先生は曲の繋がりが切れてしまっていると
言われる。



要は流れるように歌えていないということ
かな。
私の歌唱、録音してみると確かに先生の
言われるとうりで、ゴツゴツしている。
歌っていても違和感がある。この歌は、
ドイツ歌曲には珍しく繊細に歌うべき曲
なのに。



もしかするともう2度くらい下げるのが妥当
だろうかと迷ってしまう。どうしても高音に
なると声を張り上げてしまうから。



最高音を「G]から「F]に下げた。でも張
り上げの傾向はまだある。
張り上げると綺麗な声にならないし、深みも
でない。ソロとしては落第だ。



さて、最近私は舌のストレッチに励んでい
る。舌の力を抜く運動だ。舌を犬のように
ダラリと長く伸ばす。また舌を伸ばして上
唇を舐める。
鼻の頭を舐めれたらいいけどそれは無理だ
よね(笑)



舌の存在は口内のスペース作りにとても重
要だ。丸まってしまうと口内は狭くなってし
まうから。響きに影響する。



舌が上手く収まると響きが倍化して、なに
より、悩みの種の声の裏返りが解消する。



舌は筋肉だから強化はできるはず。舌の筋
トレというわけ。
ほかの歌に関する筋肉は自分では動かせな
いしイメージに頼る部分が多い。



私は口の開け方が狭い。この癖は簡単には
直らない。
だから口の中は広く開けていたいのだ。
舌根が丸まらず舌が平らに保てれば口中は
は広くなる。



共鳴腔を確保して、それから声帯を引っ張
りあげる、そうすればバリトンでも高音が
無理なく出せる筈。



最近たまにであるが、ボリュームのある声
が出せるようになった。舌の筋トレのお陰
とまではいわないが、効果が出てきている
のかもしれない。



土曜日聞いたコンサート、歌手の皆さん
の口の開け方は凄かった。
圧倒されてしまった。
あんな風とはいかないがなんとか口の開け
方を工夫してみたいものだ。それには舌の
助けがどうしても必要となる。



それから新発見。木曜日にある歌の会にい
ってきた。演歌の「北国の春」を会場全員
で歌ったのだが・・・
案内役の先生にこぶしをぐるぐる回したと
話したところ、こぶしは舌根をやわらかく
する効果があるそうな。息も良く流れて
健康にもよいと。



コレコレ、何事も無駄なことはないのだ。
せいぜいこぶしを回して演歌も楽しもう
と思う。実は合唱仲間と月一のカラオケ
を楽しんでいるのだから。



話は逸れるが舌の動きで、できるように
なったのが巻舌である。カンツォーネを歌
うには必須のテクニック。
たった一か月だがかなり上手くできるよう
になった。



舌の先を上の口蓋に軽くつけるようにし、
「奥から口に向けてrrr・・ と軽く弾く」

・・・だけ。



舌先が振動してくれれば巻き舌となる。
これも自分の舌の訓練の一つ。
イタリア歌曲、カンツォーネ、ラテン語そ
れにドイツ歌曲は巻き舌ができた方がい
いしね。それだけで日本語臭さが抜けて
くれる。



舌のコントロールは発声,発音のためには
必須だから粘り強く工夫して行きたい。




にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
にほんブログ村



合唱・コーラス ブログランキングへ




















nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。